読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生それなりにハードモード

ウツの旦那と2人の子持ちワーママの日々の記録。子育て・節約・ぼやきとか。

MENU

「光のワンダーランド 魔法の美術館」で魔法使いの気分を味わってきたよ!

皆さん、美術館に行っていますか?

子供が寝ている時に汗をかきそうなくらい熱くなっていたので、湯たんぽ代わりにしていた鬼畜母めぐりずむです、おはようございます。

 

先日、日曜日に、あべのハルカス美術館で行われている

 

「光のワンダーランド 魔法の美術館」

に行って参りました!

チラシを見たときから、子供を連れていきたかったんですよねー。

今回は、魔法の美術館の覚え書きです。

 

 

光のワンダーランド 魔法の美術館の基礎情報

f:id:megurhythm:20160112060129j:plain

光と遊ぶ超体感型ミュージアム「光のワンダーランド 魔法の美術館」は、見て、触って、楽しめる、魔法のような体感型アートの展覧会。色とりどりの光がきらめき、不思議な影が動き出す…アーティストの豊かな発想から、まるで魔法のようなアートが誕生しました。

公式サイト様より引用です。

光や映像を使った作品がたくさん展示されています。

もちろん、体感型と銘打っているので、作品を触って楽しむことが出来ます。

が、乱暴にたたいたりすると係員の人が飛んでくるので、作品は優しく扱いましょう(笑)

 

2015年12月12日(土)~2016年1月27日(水)まで開催。

入場料は税込みで、
 
・一般:前売券 1,000円 / 当日券 1,200円
・大学・高校生:前売券 600円 / 当日券 800円
・中学・小学生:前売券 300円 / 当日券 500円
 
前売り券があるので、金券ショップで前売り券を探してもいいかもしれませんねー。
私は今回、出来ませんでしたが(;^ω^)
 

場所は、あべのハルカスなのでそんなに広くありません。

ベビーカーで入ることもできますので、赤ちゃん連れでもOK★

希望すればもちろん入口でベビーカーを預かってもらえますよ。

 

子供に好評だった作品TOP5

作品はたくさんありました。

その中で、うちの子に好評だった作品をランキング形式でお伝えします!

あ、いや・・・、全ての作品を紹介するのがめんどくさいとか・・・そんなんじゃ、なっ、ないんだからねっ!

第五位 七色小道

f:id:megurhythm:20160112050818j:image

小道の上を歩くと、さまざな色や光があふれ出します。七色に輝く光と色で、自由自在にハーモニーを奏でましょう。

 歩くと鍵盤が出現、光ながら音を奏でる作品。まるで、ファンタジーな世界でした。

うちの子は、鍵盤の上を行ったり来たりして楽しんでいました。

 

第4位 Immersive Shadow

f:id:megurhythm:20160112050811j:image

壁に映し出されたボールを、あなたの影ではじく!不思議な影で、色とりどりのボールが降る作品の中に入ったような感覚をお楽しみください。

影でボールをはじくことができる作品。

大人もとても楽しめました。うちの子は、作品の趣旨を知ってか知らずか、ぴょんぴょん飛び跳ねて楽しんでいましたよ。

 

第3位 SplashDisplay

f:id:megurhythm:20160112050846j:image

ビーズの海へとキューブを投げ込むと、光の噴水が出現!?立体的な光が目の前できらきらと変化してゆく様子をお楽しみください。

画像はよく分からないと思いますが(;^ω^)

発泡スチロールで作られた細かい丸いビーズがたくさん入っている作品。

そこに同じく発泡スチロールのキューブを、光っている部分に投げ込むと、ビーズが噴水のようにぶわーっと噴き出してくるというものです。

白いビーズが色々な光に照らされて、とっても綺麗でしたよ!

うちの子は、キューブを投げてビーズの噴水を出すのに夢中でした(笑)

 

第2位 つくもがみ

f:id:megurhythm:20160112050827j:image
 上から落ちてくる廃棄物を自分の体にくっつけてロボットを作る作品。
自分の姿をスクリーンに映すと黒い影となって写るので、その影を廃棄物に近づけてくっつけていくものでした。
もちろん、出来上がったロボットは、自分と同じ動きをします。
自分がロボットになるのがうちの子的にはツボだったようで・・・。めちゃくちゃ楽しんでいました。
私も楽しかったですね!
 

第1位 happy halloween!

これは写真がありません、すみません・・・。
大きな画面の前に座ると、自分の顔がハロウィンの仮装のようにペイントされるという作品。
ペイントされてしまっても、手のひらで顔を拭う動作をするとペイントは消えて別の人に飛んでいってしまいます。
もう、親子で大爆笑でした!
吸血鬼になったり犬になったり、顔にお化けがついたり、口からお化けか魂かが抜け出してきたり・・・。
顔にペイントされるたびに子供がペイントを消そうと躍起になってました(笑)
多分、うちのところぐらいかな、うるさかったの(ぉ
 
とにかく、この作品は親子共々めっちゃ楽しみましたよ★
 

まとめ

このほかにも、色々な作品がありました。

光を使っているので、とっても綺麗な作品が多かったです。

下の子も、1歳ながら楽しんで映像の前で手を振っていたりしたようで、よかったです。(母に見ててもらいました)

子供から大人まで楽しめる美術館でした!

今月で終わってしまうので、もし行ける範囲にお住みなら、是非行ってみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

過去の記事に★やコメントをいただいた皆さまにも、感謝です(^▽^)/