読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生それなりにハードモード

ウツの旦那と2人の子持ちワーママの日々の記録。子育て・節約・ぼやきとか。

MENU

7つの習慣を子育てに当てはめると子供の良いところが見えてきたんだが

f:id:megurhythm:20160117163618j:plain

ずっとブログのカスタマイズを進めていたのですが、中々思い通りに進まない私、めぐりずむです。こんにちは。

 

いきなりですが、私は今「7つの習慣」を読んでいます。

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

 

 

 

元々、漫画で分かる7つの習慣をブックオフで立ち読みしたことがあり、その時は「ふ~~~~ん・・・」とぐらいしか思っていませんでした。

が、この「ふ~~ん」の大間違いの大間違い!!

今は、

 

「ふ~~ん」

 

 

「ふんふん!!!」

に変わってます。

いや、興奮しているわけではないんですよ(笑)

 

この本、4センチ近くある分厚さなので、まだ全部読めてません。

今、第2の習慣を読み終えて、また第1の習慣にもどってます(笑)

 

ハッキリ言ってまだまだ理解が出来てないところ多数ですが、なんとなく自分で理解しているところを子供たちに対して当てはめてみると、普段あまり意識することのなかった子供たちの良いところが見えてきたんです。

 

 

その怒り、子供の為?親の為?

 

私はよく怒ってます。

怒って大声を出して、パシッと叩くこともあります。

怒った後、よく怒りすぎたなあーと後悔はするのですが、中々酷く怒るのを辞められません。

しかし最近、子供が何かをして大声で怒りそうになった時、これからするであろう自分の怒り方が子供の為になるのか、ただ自分の感情発散・親の都合に合わせる為なのかを考えるようになりました。

 

子供が何かこぼすとします。

普通の私だったら、ここでガミガミ怒ります。そして、苛立ちながら床を拭きます。

この私の怒る行動に対し、子供には何が残るでしょうか?

 

お母さんに怒られて怖かったコト?

 

私には何が残りますか?

 

一瞬怒鳴ってスッとしたけど、怒りすぎた罪悪感と苛立ちかなあ。

 

しかし、子供の将来につながる怒り方をしようと思ったら、行動が変わりました

 

怒りが沸いたら一瞬だけ考えます。

 

今からする怒り方が、果たして子供たちの将来の為になるのかと。

 

すると、とりあえず大声で怒るのは止めようと思いました。大声で怒っても子供が委縮するだけで、何が悪かったのかやどうしたらいいのかが学べないからです。

(ただし、声のトーンは低くゆっくり、ただならぬことをしたという事が分かるように変えます)

そして、このまま私が後始末をすると良くないと思い、子供に後始末の方法を教えてあげることができ、子供もそれを学びます。

そして、こぼさないようにするにはどうしたらいいか、一緒に考えたり教えてあげたり出来ます。

 

おおーー、めっちゃ学びの場になってるじゃないか!

 

こんな感じで、大声で怒りたくなった時は、その怒り方が子供の将来の為になるのか、ならないならどのような怒り方をしたら将来の為になるのかを考えるようにすると、自然と行動が変わってきました。 

同じことが子育てにも言える。自分に責任を持てる子に育てたいなら、そのことを頭に置いて毎日子供に接する。そうすれば、子供の自尊心を損なったり、自尊心を傷つけたりすることはないはずだ。

 

何だか最近子供たちの良いところが見えてきた

感情的に怒ることを辞めたら、子供たちの良いところが見えてきました。

例えば昨日なんか、上の子がタブレットでアニメを見ていてなかなかお風呂にやってきませんでした(またタブレットか)

で、いつもならお風呂から怒鳴って来させるのですが、それを止めました。

私と下の子が先にお風呂に出て、まだタブレットをしている上の子に待っていたことと、一人で簡単に入ってくるように伝えました。

一人で入るのを嫌がるかと思ったのですが、あっさり一人でお風呂に入ってきたのです!

 

出来るやん!!と思いました(笑)

 

お風呂から出てすぐにパジャマに着替えない時は、怒り狂っていた私でしたが、それも止めました。

すると、自分でちゃんと着替えてるんです!

 

出来るやん!!と思いました(笑)

 

子供には自分のタイミングがあって、そのタイミングが来たらやるんです。

ただ、親が思っているタイミングと違うだけなんです。

 

怒ることを止めたら、それに気が付きました。

さらに怒ることを止めたら、上の子が色々と優しいところにも目が行くようになりました(^▽^)

 

まとめ

もちろん悪いことや危ないことをしたら怒るのは必要です。

ただ過剰に、親の感情発散・親都合の怒りになっていないかが問題だと思います。

7つの習慣を読んで、自分が子供の為でなく自分の為に怒っていたのだと気付かされました。

怒らない育児とか流行ってますが、自分の中では納得できない部分もあり、きれいごとやろーとか思っていたのですが、7つの習慣のお陰で納得出来ました!

 

まだまだ自分の中でまとめ切れていない&理解が違う部分もあると思います。

個人的には、7つの習慣を知っている人がこの内容を読んだ時に、

「7つの習慣でそんなこと言ってたっけ?」

と思われるのを心配してます(笑)

 

ですが、頑張って読み進めて、自分の人生に活かしていきたいと思います。

 

この本、本当に人生を変える1冊になりそうです★

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

過去の記事に★を下さった皆さんも、ありがとうございます(^▽^)/