読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生それなりにハードモード

ウツの旦那と2人の子持ちワーママの日々の記録。子育て・節約・ぼやきとか。

MENU

一方的なアドバイスはある意味、文句を言われているのと一緒なのかもしれない

指をさす女性

皆さん、自分の子供にアドバイスとかしますか?

アドバイスというか、もうそのことをやってあげたりする過保護気味の私、めぐりずむです。おはようございます。

 

昨日、子供とお風呂に入っていた時にあった出来事から考えさせられたので、ちょっと頭の中のまとめを兼ねて書いてみたいと思います。

 

今回は、一方的なアドバイスはうるさいだけでは?についてです。

 

 

お風呂での出来事

長男はいつも1番が大好き。

服を着るのも1番がいい!

到着するのも1番がいい!

こんな調子で、お風呂で体を洗ってもらうのも1番がいいんです。

 

ですが昨日は、長男を呼んでも来なかった為、下の子の体を先に洗いました。

そうすると、長男が、

 

「洗うの、一番がよかった!!!!!」

 

と言って、大激怒。

その後、体を洗おうとしても怒って洗わせてくれません。

 

私としては、

  • もう下の子を洗ってしまったから、1番にはなれない
  • 長男を呼んだけれど来なかったから、下の子を先に洗った

という点を伝え、今後のアドバイスとして、

  • 下の子よりも早くお風呂に入っておき、先に座っておけばいい

的な事を一方的に言いました。

ちなみに、文字だけ読めば冷静な感じですが、結構きつめに言っています(笑)

 

しかし、怒り心頭の長男は聞く耳を持ちません。

私が言えばいう程、長男は抵抗して駄々をこねる感じでした。

 言い合いに疲れた私は、戦うのを止めました。そして長男に、どうしたらいいのか考えるように言いました。

 

すると長男は、「下の子ちゃん!もうぜーーーったいに先に洗わせないからな!!」みたいなことを言って自分の気持ちを下の子にぶつけ、これからの事を考え始めたんです。

 

そしてまるで自分で考えたように、

 

「そうや!めっちゃいい事考えた!!下の子ちゃんより早く服脱いでお風呂に入って・・・、座って待ってたらええねん!!」

 

と答えを出してました。それ、さっき私が言ったやつーーー(笑)

でも自分で納得出来る答えを出せてたからか、その後、駄々をこねる事はありませんでした。

 

この出来事を見て、その人が望んでいないのに一方的にアドバイスをすることってうるさいだけなんだなーって思いました。

 

ウツ旦那との出来事

旦那がウツになった時、私も色々と言いました。

 

こーしたらいい、あーしたらいい。

これ飲め、あれしろ。

仕事行くにはこーするように。

 

早く病気を治して欲しい私は、それはもう色々言いました。

でも、それを聞いてもらえたことってあまりありません(笑)

言えばいう程、旦那は布団にくるまって自分の殻に閉じこもってしまいました。

今思えば、私が良かれと思っていったアドバイスは、旦那にとっては責められていると感じていたのかもしれません。

 

今は、あまりウツ病を治すために積極的に何かするように言ったりはしないようにしてます。

旦那がやり始めた事ややろうとしている事に、

 

それはこーしたらいいんちゃう?

ここをこうしたらもっといいんちゃう?

 

なアドバイスは入れずに、

 

それいいんちゃう?動くことは病気にもいいことやで。

 

と感想を言う感じにしています。

 

旦那の事を思い返しても、一方的なアドバイスはその人を苦しめるだけなんだなーって思いました。

 

どうしたらいいと思う?って聞いてあげたい

一方的なアドバイスはその人にうるさいだけ。

それは大人でも子供でも一緒です。

ちなみに自己評価の劇低な私は、過剰なアドバイスを受けると

 

こんな簡単な対処法が出来ないなんて、あんたばかぁ?

 

と言われている気がして、めっちゃ凹みます。

 

でも親なら子供に一方的なアドバイスをやりがちですよねー。

だからこれからアドバイスをする前に、

 

どうしたらいいと思う?

 

と聞いていこうと思います。

で、もし私にどうたらいいか聞いてきた、相手が私のアドバイスを求めてきたとしたら、自分の意見を言うようにしたいです。

 

結局人って、自分で納得して決めた事でないと動くことは出来ないんですからねー。

なら私が出来る事は、色々と言うんでなくて、その人が望んでいる方法に気付かせてあげるお手伝いをしてあげる事なのかなって思います。

 

そんな事を、お風呂の時に起こったちょっとした出来事で考えた私でした。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

過去の記事に★を下さったり、読者登録してくださった皆さんに感謝です(^▽^)/