人生それなりにハードモード

6歳と3歳の子持ちワーキングマザーが、人生を楽しむ為の日々の記録

自動貯金サービスアプリ「finbee」で楽してお金を貯める!

皆さん、貯金はしてますかー?

お土産のチョコレートが喉に詰まって苦しい私、めぐりずむです、おはようございます。

 

私は1年間に必要な費用を、1年かけて積み立てています。

積立方法は自動的に積み立ててくれる定額預金ではなく、親口座の中に目的別に子口座を作って、そこに手動で振替するという方法を取っています。

定額預金だと手続きが発生したり、通帳が増えたりしてめんどくさいので(;´Д`)

 

ですが、この横着な性格・・・。毎月決めた額を積み立てることが出来ません(笑)

2,3カ月積み立てるのを忘れてしまい、慌ててまとめて親口座から必要費用用の子口座に振替をするなんて、よくあります・・・。

 

しかし、そんな私に救世主アプリが現れました!

その名は、

 

finbee(フィンビー)

 

今回は、自動的に積み立てをしてくれる「finbee」というアプリの紹介です。

 

 

finbeeは自動的にお金を積立てるアプリ

finbee

finbeeは、日本初の銀行口座と連動した自動貯金サービス。
カード決済のタイミングや一日の歩数など、
毎日の生活に合わせて貯金する金額を決めるだけで、
あなたの口座に自動貯金。
いつもの生活をするだけで、いつのまにか、
そして本当にお金が貯まります。 

 公式サイト様より引用

finbeeは自動的にお金を積み立ててくれるiOS用アプリです。設定すると、銀行口座内にfinbee用の子口座が作られます。そこに自動的にお金が積立されていくシステムとなっています。

ただ現在連動している銀行口座は、「住信SBIネット銀行」のみ。随時拡大予定みたいです。

 

finbeeの面白いところは、ただ決まった額を自動的に積み立てるだけではありません。

積立意外の貯金方法もいくつか用意されています。

 

finbeeの貯金方法

  • おつり貯金:カード払いした端数分を1,000円札で支払ったとして、そのお釣りを貯金。 (例)10,500円カード払いしたら、950円を貯金する。
  • 500円貯金
  • 歩数貯金:5,000歩歩いたら、500円貯金する
  • 空き枠貯金:毎月のカード支払金額が100,000円を下回ったらその差額を貯金

ただしおつり貯金と空き枠貯金については、住信SBIネット銀行のVisaデビットカードのみの対応になっています。

他のクレカ対応はよ。

今のところ私は、通常の積立と500円・歩数貯金ぐらいしか出来ないです。

歩数貯金は、1日5,000歩歩いているかどうかが怪しいので、そういう意味で無理かもしれません(笑)

 

でもただ積立てるだけではなく、ユニークな方法がいくつか用意されているところが、スタッフ攻めてるなって感じがします(笑)

 

使い方は簡単

まずはアプリをDLしましょう。

現在はまだiOSだけですが、今後Android版も出る予定みたいです。

自動貯金サービス finbee(フィンビー)

自動貯金サービス finbee(フィンビー)

  • NestEgg, Inc.
  • ファイナンス
  • 無料

 アプリDLしたら、新規登録をします。

メールアドレスとパスワードを設定します。

それが完了したら、今度は銀行口座との連携をします。

銀行口座との連携の際、パスワード等の登録は銀行口座サイトで直接行う為、finbee側に情報はいきません。

 

無事、銀行と連携が出来たら、積立貯金の設定をします。

finbee設定1

まずは貯金目的を設定します。

今のところ、上記の項目を変更することは出来ないので、目的がなければとりあえず貯金を選べばいいのではないでしょうか。

目的や画像が今後変えられるようになれば、嬉しいです!

 

finbee設定2

次は、貯金目標額を設定します。

finbee設定3

貯金目標額を設定したら、いつまでにクリアするかの目標期日を設定します。期日を設定しないことも可能です。

finbee設定4

貯金方法を選択します。

これで設定完了です。

finbee設定5

設定完了画面はこんな感じになります。

設定してから数日経っているので、すでに積み立てが始まっていますが(笑)

 

設定後、銀行口座を確認したら、finbee用の子口座が自動的に出来ておりましたよ。

 

まとめ

まだまだ発展途上のfinbeeではありますが、期待を込めて紹介させていただきました。

私は、基本的な積立貯金で、頑張らずに1年間積み立てをしたいと思います。

もし、iPhoneで住信SBIネット銀行口座をお持ちの方は、試してみてはいかがでしょうか。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

過去の記事に★やブクマを下さった皆さんも感謝です(^▽^)/