読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生それなりにハードモード

ウツの旦那と2人の子持ちワーママの日々の記録。子育て・節約・ぼやきとか。

MENU

湯たんぽの温かさが幸せすぎて生きるのが辛い

f:id:megurhythm:20170124054522j:plain

皆さん、寝る時寒くないですかー?

今週が始まって憂鬱な私、めぐりずむです、おはようございます。

 

まだまだ寒い日が続いていますよねー。

上の子が、寒すぎて泣き出すぐらいです(笑)

我が家では、石油ストーブとこたつが大活躍しています。

 

部屋は暖房器具で温めることが出来るのですが、問題は寝る時。

布団やベッドに入った時、

 

ひやっ

 

としませんか?

少し我慢して冷えた布団を被っていると、しばらくすれば温かくはなってくるのですが、それまでずっと足先が冷たくて寝られない。

 

そんなことありませんか?

・・・あれ?我が家だけ??

 

足先が寒くって、子どもにくっついて逆に体温を貰うとかないですか?

・・・あれ?私だけ??

 

そんな我が家ですが、今、布団の冷え対策に湯たんぽが大活躍してくれています。

上の子は、湯たんぽなしでは寝てくれないぐらいです(笑)

 

今回は、自然な温かさな湯たんぽの魅力について、語りたいと思います。

 

 

湯たんぽの良いところ

エアコンやストーブと違って空気を乾燥させない

エアコンやストーブなどの電気暖房器具は、どうしても部屋を乾燥させてしまいます。

というのも、エアコンで部屋の空気の温度を上げると、空気内で持てる水分量が増えてしまいます。しかし室内の水分量は変わらないので、その結果乾燥してしまうそうです。

(部屋の水分量が3、部屋の空気が持てる水分量が10とする。もし温度が高くなり、部屋の空気が持てる水分量が15となっても、部屋にある水分量は3のままなので、結果的に温度が上がる前よりも湿度が下がってしまう、みたいな感じ)

 

しかし湯たんぽは、エアコンやストーブ程部屋の温度を上げるような事はしません。

だからエアコンやストーブと違って、部屋を乾燥させないのです。

(乾燥させないことはないとは思いますが、ほんま微々たるもんだと思います)

 

自然と冷めるので、就寝後の体温調整と相性が良い

人間の身体は睡眠中、体温が下がります。

湯たんぽも、時間が経つと自然に温度が低くなっていきます。湯たんぽは、睡眠中に起こる体温調整と同じような動きをする為、身体に優しいのです。

こたつのように一定の温度ではないので、熱くって汗をかいて起きる、なんてこともありません。

ちなみにこたつで寝ると風邪をひく理由は、上半身と下半身に温度差が出来てしまい、それが体温調節のバランスを崩してしまうからだそうですよ!

皆さん、気を付けて!

 

火を使わないから火災の心配がない

あ、お湯を沸かすときは使いますよ?(笑)

でも寝ている間、火を使わないので、安全です。

まあ、寝ている時に、火を使ったストーブをつけっぱなしにする人もいないでしょうが(;´Д`)

 

持ち運びができるので、使う場所を選ばない

湯たんぽは、持ち運び自由です。

コードもありませんしね。

手軽に色々な場所で、身体を温めることが出来ます。

 

湯たんぽの使い方

お布団に入れる

これが一番一般的な使い方でしょう!

オススメは、寝る30分ぐらいから布団の中に湯たんぽを入れておくことです。

今までは寝る直前に湯たんぽを布団に入れていましたが、そうすると湯たんぽの部分しか温かくありませんでした。

しかし寝る30分前ぐらいから湯たんぽを布団の中に入れておくと、湯たんぽ周辺も温まり、お布団の中は温もりパラダイスとなります(笑)

ただただ幸せです(*´Д`)

 

ちなみに、お尻が当たる部分に湯たんぽを置いておくと、まるでお風呂に入っているかのようなぬくぬく感が味わえますよ。

 

腰やお腹にあてる

冷え性な女性の方は、腰やお腹に湯たんぽを当てて身体を温めることもオススメです。

じんわりと身体を温めてくれるます。

体幹を温めることで、全身に温かい血液を巡らせることが出来、冷え性対策になるのだとか。

腰痛や生理痛の軽減につながるそうですよ!

 

湯たんぽを使う上での注意

低温やけどに注意

湯たんぽが自然な温かさとは言え、長時間肌と触れていると、低温やけどになる場合があります。

必ず専用のカバーを付け、熱すぎる場合はタオルなどを巻いて温度調整をしましょう。

寝る時は、身体から少し離して使うといいでしょう。

 

お湯を入れる時は容器一杯まで入れる

湯たんぽにお湯を入れる時は、必ず容器一杯まで入れましょう!

でないとお湯が冷めた時、膨張した空気が縮まるので、容器が変形することがあります。

 

はい、私です・・・。ベこっとなってます(笑)

 皆さんもお気をつけて。

 

湯たんぽの種類

湯たんぽには、色々と種類があります。

ちなみに我が家が使っているのは、プラスチック性のこんなの。

立つ湯たんぽ 2.6L 袋付き オレンジ

立つ湯たんぽ 2.6L 袋付き オレンジ

 

我が家のは、立ちませんが(笑)

他に、ゴム製。

Yinglite ゴム製の湯たんぽ 2L ( ゴム-2個入(赤 青))

Yinglite ゴム製の湯たんぽ 2L ( ゴム-2個入(赤 青))

 

 昔ながらのトタン製とか。

マルカ 湯たんぽ Aエース 2.5L 袋付 022524

マルカ 湯たんぽ Aエース 2.5L 袋付 022524

 

 トタン製は、直火で温められるタイプもあるのでとっても便利。

昨日使ったお湯を今日も温めなおして使う・・・という事も出来ます(笑)

でも、ちと高い。けど私が欲しい物の一つです。

 

 後、陶器製とか。

手軽に楽しみたいなら、こんなのも。

レンジでゆたぽん

レンジでゆたぽん

 

 レンジで温められて、繰り返し使えるのが嬉しいですね。

 

まとめ

湯たんぽは昔ながらの暖房器具として、本当に優秀だと思います。

とにかく温かくて幸せすぎるんです(笑)

ちなみに冬だけでなく、夏場は湯たんぽに氷を入れておくという使い方もあります。

今年の夏、試してみようかなー。

 

皆さんも、湯たんぽ生活で、ぬくぬく幸せを味わってみませんか?(笑)

ちなみに我が家は、兄妹で湯たんぽを取り合っているので、近々買い足そうと思っています(;´Д`)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

過去の記事に★やブクマを下さった皆さんも、感謝です(^▽^)/