人生それなりにハードモード

6歳と3歳の子持ちワーキングマザーが、人生を楽しむ為の日々の記録

退職に向けて自分自身を見直してみる

考える人のシルエット

皆さん、自分の意見はハッキリ言えますかー?

雨でも心は晴れでいたい私、めぐりずむ(@megurhythm33)です、おはようございます。

 

いよいよ会社退職も近づいてきました。

今まで会社で色々と合ったので、今までの自分が甘かった部分や、気を付けないといけない部分をまとめて、次の仕事でも同じ過ちや考え方をしないようにしたいと思います。

 

 

優しすぎる

私は良く優しいと言われます。

が、正直、私は優しいわけではないです。ただ、その人に嫌われたり失望されたりしたくないんです。

だから在職中、困ったことが起こりました。

  1. しっかり注意すべき所を注意できない。ニコニコ笑って「次から気を付けて」で終わってしまい、相手に重要性が伝わらない。そしてこの人ならミスしても許されるといい加減にされる。(きつく注意する人にはちゃんとする)
  2. 頼まれると断れない。自分のキャパ以上に仕事を背負い込んで、その結果やり忘れが起こったり、期限になっても出来なくて迷惑をかける。こいつはちょっと言えばやってくれると思われ、私の仕事?と思われる事もさせられる。
  3. 頼まれると、他に優先すべきことを後回しにしてしまう。結果優先すべき事を優先せずに怒られる( ゚Д゚)

今思うと、優しいだけではだけなんだなーと思います。

対策としては、

  • きっちり言うべき事は、言う勇気を持つ。(これが大変・・・)
  • 断る勇気を持つ。
  • 断る為には自分の仕事についてもっと理解しておくことと、自分の予定を明確にしておき、相手に説明できるようにしておくこと

を考えています。

必要な時間の見込みが甘い

私は、この作業にどれくらいかかるかを見込むのが甘いです。

このくらいかなーと予定を立てても、結局予定内に終わらない事も多々・・・。

もっと余裕をもって必要時間を見込む必要があります。

その対策としては、

  • 初めての仕事は、想像で必要時間を考えるのではなく、少しでも手を付けて必要時間について考える(実際やってみたら想像以上に大変だったという事が多かったから)
  • 作業時間を計って、大体どのくらい時間がかかるのかを目に見える形で残す
  • 必要時間を伝える時、心理的に短い時間を伝えがちなので、逆に多めに伝えておく。

を考えてます。

意見をぶつけ合う事が出来ない

私は、喧嘩が苦手です。得意な人がいるか分かりませんが・・・

喧嘩というか言い合いをすると、丸め込まれてしまうのです。

後、きつく言われると委縮して何も言えなくなってしまうのも問題です。

これによって、私の仕事?という仕事を渡され、自分の予定が狂ってしまうという事もありました。

対策としては、

  • きつく言われたからと言って、考えることを止めない。
  • 自分の仕事や話し合っている内容について、きちんと理解しておく。

これに尽きると思います。

 

後、争いたくないという私の性格的な面もあるかも・・・(;´Д`)

 

質問の意味をきちんと理解していない

質問された時答えるのですが、今思えば質問の回答になっていない説明をしていたことが多々ありました。

それを指摘してくれたのは、旦那でした。

 

旦那「その仕事は何時間かかるの?」

私「そんなかからないと思う」

旦那「それは質問の答えじゃない!俺は何時間かかるかって聞いたんや」

 

そんな感じで指摘してくれました。

そして、私の説明は長い(;´Д`) 余計な説明が多いのです。

対策としては、

  • 相手の質問を落ち着いて聞いて、明確な答えを出す。
  • 説明に余計なことを言わない。
  • 分からないことは誤魔化さずに分からないと言う

が考えられました。

 

その結果、いい加減に扱われるようになった

ちょっと言葉の語弊があるかもしれませんが、もっとわかりやすく言うと、舐められるようになりました(笑)

皆にいい顔をする、断らない、ちょっと言ったら引き下がる、さらに時間にルーズで説明も下手。

そんな人間が、周りからきちんと扱われるわけはありません。

そして、旦那に言われたのですが、

 

「その状況を受け入れているめぐりずむに対し、一番俺は怒ってる!」

 

その言葉が、とても響きました。

私は、自分の能力の低さ・周りの事を気にして、自分を大切にしてなかったのだと、気付きました。

自分を大切にしないと、それが周りに伝わって、周りも同じように扱うと何かの本で読んだことがあります。

これから、もっと自分を大切に、自分の時間や心、人生を守る生き方をしたいと強く思いました。

まとめ

私のマイナスな部分を書きだし、その対策を考えてみました。

恐らく旦那が見たら、対策に具体性がないというでしょう(笑)

でも退職すれば少し時間が出来るので、自分の人生を守る為に少しずつ変わっていきたいと思っています。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

過去の記事に、★を下さった皆さんにも感謝です(^▽^)/

 

↓ぽちっとして貰えれば励みになります(/ω\)

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ